FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
芽衣子 「え、え、もう終わらせちゃったの!?なんで!?」

藤木 『これ以上好きになっちゃって、醜い部分を見せたくないからだってさ』


「へ、へぇ…、…今更じゃん!

『そう言うなって!元も子もないから!』



『まあ?…何だかんだで1週間くらいしか経ってないわけじゃん?それなのに結構なワガママ言うし、この先を考えると正直恐ろしかったよ』

「キミの人生そのものに直結する危機的なワガママだったしね…」


『愚痴りに来たのも、今日の昼間別れてきたからなんだよね』
「あ、そうなんだ」


『どうやって終わらせようかって考えてたけど、案外簡単に終わっちゃうもんなんだなって思った。意外と世の中うまく出来てる!


「出来てねーよ!痛い目見るかんね、それ。」




関係ないけれど、バイト内及び一部学内にも藤木ファンは多いため、あたしは助手席でメガネにマフラーぐるぐるで鎮座しておりました。
対向車線にパートのおばちゃんがいないとは限らない。

見つかったら、袋叩きだ。イジメにあっちゃう。

そんで、「この車ん中でヤったんだろうなあ…もろくそ助手席に座らせて…」って思って、何だか込み上げてくるものがありました。
(笑いと吐き気のハーモニー☆)



『……あ、電話だ…… ノ ゾ か ら だ !

「でぃひゃひゃ!どうぞ思いっきり出てください!!」(半笑い)




『もしもし!なに!?……………ぁ……もしもし?



い、言い直した! 優しく! ご機嫌をとるように、優しく!!


あたしは、ここで藤木の「男」を見た。
そして、爆笑を抑えた自分を褒めてあげたい。


以下、会話の断片。(あんま聞いてなかったけど)

『なに、どしたの?』

『子供は?…駄目じゃん。』

『何で泣いてんの?』

『いいよ、明日ね、迎え行くから』


……え、迎え?




『…あい、切ったよ』

「ちょう怖い、男って超怖いね、悪い奴だよ、この甘い男は!」

『はは、つーか、子供ギャンギャン泣いてたんだけど』
「もう2時ですけどー…」


『何か、ひっぱたいたって言ってた


「……何かさ、アレだな、叩くくらい普通だけど、この状況下で言われると、すげープレッシャーだね!

『すげープレッシャー!!全てが俺のせいみたいじゃん!!!
てゆっか、俺のせいなんだけどね…今まで主婦やってきて、ママやってきたけど、女が目覚めたって言ってたし

「目覚めるわ、そら」(投げやり☆)




“やっぱ、明日も会いたい”って言われた』

「えー…別れるって言われたのに?」


『うーん…迎えに行くけどね。保井を学校に送ってから、ノゾのことバイトに送っていくわ』

(※保井サンを学校まで送るのは、藤木の役目)
(※ちなみに、保井サンのことを「姫」って呼ぶんですよ、藤木は!



『つーか、今日の別れ話は何だったの?』

「さあ…女子の気持ちは移ろいやすい、というか衝動的だからね。感情的というか?昼間は別れようと思ってたんじゃん?」

『ほんとに別れるの?とかって言われ続けたんですけど』

駆け引き、みたいな感じで?」


『あー…どうなんだろ。でも、男が思い通りにならないことなんてなかったから、揺らがしにかかったのかもしんない


「ひー」



その後も、「都合の良い関係なのに、男女の駆け引きをするとはどういうことか」「駆け引き等に労力を使うのは本命だけでいいのに、どういうつもりだ」

やはり、「互いの気持ちのモチベーションの問題」という点に収束した。




芽衣子 「でも、総合的に見て、あたしのイメージする27歳の恋愛の仕方にしては幼さが丸出しすぎて最高に嫌気が差すわ。気持ち読めてない。」

藤木 『言いすぎです。でも当たってます。』

「ああならないように精進するわ、女って怖いね☆」
『まあ、確かに芽衣子さんは女臭がしないよね

「え?」




毎夜毎夜、何かしら色々あるようです。
あたし、浮気はすれど不倫は絶対にしないと心に決めた。

…いや、主婦になったことないからわからんけどね。


しばらく藤木とはバイト中しか会ってないので、にんともかんとも。


しかし、数人は藤木と目があうだけで苦笑いを浮かべる。
あいつら、全員知っているんだ。

あたしも同じ顔してんのかしら。

やだわあ。
まず最初に理解して頂きたいことは、竹下サン(27)は、藤木(21)がバイトに入ってきた2年前当時から、目をつけていたこと。
(この事実は竹下さんの友人が証人であり、どうしてその友人の証言があたしの耳に入ってきたのかということは、大したタネ明かしはありませんが、そのうち)

だから、ものすごい熱が上がっているわけです。
念願かなって、ですから。


そして、旦那のことは大嫌い、なんですってちょっと何ウケる。


「この人でいっか!って結婚したら、やっぱ駄目だった!」ですって。
不覚にも「いやーん!」てゆった。

同居してる自分の両親とも仲も悪いし、旦那との夜の営み(古い)は、酒の勢いがないと出来ないそう。

そして、旦那は週に2回は仲間内で飲み会があるため、18時以降は暇だということ。

そして、若い頃はモテて、酒の勢いから何から「とりあえず、?」が多い人なんだそうな。
思い通りに行かなかった恋愛は1度きりで、それも今回の藤木の登場でふっきれたそう。


よかったね、藤木、役に立って☆




藤木『そんで、結局ヤったんだけどね』

芽衣子「うん」



『メールすんじゃん。でも、旦那サン帰ってくるから18時までしかメール出来ないのね。そしたら、「その日1日は、もう誰とも連絡取らないで!」って言われんの』

「……今日という1日は、あたしで終わらせて?

『そう!それ!』


(2人で悶絶)


『保井(彼女)がさ、「この間竹下さんにシカトされた」ってゆってたんだよね?…。実際さ、そう、竹下さんが何かで怒ったらしくって、「保井さんと別れて!」って言われたんだよ!』

「いひゃやややあー!」

『自分子供いんじゃんて感じじゃん、何か、ノゾは、ああ、ノゾミだからノゾって呼べって言われてんだけど!

「の、のぞー!!」



藤木は、彼女ありきで竹下サンが好きなわけで、でも、竹下サンは旦那抜きで藤木にベタ惚れなわけです。

あたしたち(敢えて)が考えていた不倫というものは、
それこそ都合のイイ関係で、それなりの感情を抱いているものの、性欲とかスリルとか、日常生活ではイマイチ得にくくなった部分を貪りあう関係だと思っていました。


しかし、

『保井と別れろっていうけど、じゃあ俺が旦那さんと別れてって言ったら、別れんの?って聞いたら、「別れる!絶対!」って元気よく言われたから、おおお、おおお俺まだ学生だし、就職出来るかわかんないし…って情けなく言っちゃったよ…』

という一連の会話からわかるように、そうもいかなかったみたいです。


保井がいない状態で竹下サンを好きになれたか?という問いにNOとバッチリ答えているし、例え保井と別れても、結婚とか、そういうのはナイらしいですよ。



というか、こういう結婚なんて単語を使って竹下サンの話をする辺り、藤木はとてもイイ奴なんじゃないかと思えてくるのが不思議。
あたし、単純か。

だって、もっと「昼ドラ演じてるオバチャン」風に扱っているのかと思うじゃん。(ヒドい)


うん、ヒドいのはいつだって女だよね。ごめんね。(適当)



「そんで、これからどうやってやっていくことになったの?」

『ああ、いや、別れたっぽい


「なんで!?」



《続く》
藤木くんたら、どうしてそんな面白いことになっているの?


とりあえず、
明日明後日まで覚えている情報だけをお伝えしようと思っています。

何か、色々思うところあって、若干イライラ。

何か。何か。

あたしはすげ他人事だからいいけど、子供小さいじゃん?
ね、やっぱ子供とかね、良くないよ、その身分で浮気なんて。



すんごい普通のこと言ってごめんなさい。えへ☆



芽衣子 「”ヤんなきゃ始まらないけど、ヤったら終わりだ”って言葉は伊達じゃなかったね、やっぱ」

藤木 『一生ココロに刻むと思います』
何だか、今回の相手とは、いや、今回の相手との関係は今までと違う。

何がと問われても、よくわかりませんが。
あたしのテンションが確実に違う。

それは、今までよりスキスキスーなんじゃないの?って言われればそうなのかもしれないし、それとは違う要素が絡んでいるからなのかもしれないし、


と考えたところ、『ああ、あたしも年取ったのか』と、思った。


そうなんだよ、年なの。
ティーンじゃないからね、もう。

必要以上に冷たくすることもないし、
必要以上に張り切ることもないし、
必要以上に怒ることもないし、
必要以上に笑うこともないし、

なんというか、「程度」を考え出したのね、きっと。

ティーン時代は考えてなかったのかって言われると、今より考えていたよ。
その「程度」が、うまく作用し始めたって感じ。


なんつか、『嘘つき!』って言われたら『ああ、うん』て言いますが、あたしはあんまりエロ行為が好きではないわけで。
その「好きではない」って部分を前面に押し出してきたティーン時代だった気がするのね。

「好きではない」から、断る。

「好きではない」けど、応じる。

みたいな。


なんか意味わかんないけど。
要は頭に、「好きじゃないけどなあ…」って呟きがなくなったのね。

決して慣れて、好きになったわけではなく、




もう、どうでもいい。




…別に成長したわけではないらしい。

諦めちゃったらしい。
まあいっか。

エロ行為はさ、受身だからキライなんだよね。

じゃあ攻めまくればいいじゃん、て言われるけどね。
そこまでしてやる義理はねーんだよ。

頑張りたくないんだよ。

てゆっか、突っ込まれてる時点で受身雰囲気だからキライなんだよ。

わかって、この乙女ゴコロ。
不倫をね、してるんだってさ、藤木クンが。

てゆっか、藤木に彼女いるけどソコには触れないで。
二股議論じゃない。


そんでね、その不倫をしている奥様が。
(てゆっても、同じ職場のパートさんなんだけどね!20代後半ね!)


『スリル満点』

『欲求不満かも』

『子供は大切だし』




とかってワードを、割と使うんだって。



萎える。
最高萎える。

聞いてて萎えた。

珍子萎えた。


その気持ちはわかるけど、それを言葉にすることによって、どんだけ萎えると思ってんのかと。
わからんのかと。

『不倫楽しんじゃってますオーラ全快☆』って、思ったよりキツい。

そんなこと言わなくていいじゃん。
言っちゃうことによって、例え本気で好きになったとしても安っぽい。

若い子にちょっかい出したようにしか思えなくなる。



「まだヤってないけど、絶対にヤるんだと思う…」って、何故だか藤木クン弱気。
そんな彼を見るのは初めてなので、それはそれで萌えた。

実際は弱気なんじゃなくて、ヤったら終わりってのと、ヤんなきゃ始まらないってのが交錯して「どうすっかな」って気持ちでいっぱいだったんだって。
なんだ、つまんね。


そんで、その奥様のメールが最高可愛い。

デコメとか。(あたしはボダホン族なので、よくわかりませんが!)
絵文字とか。
ちっちゃい文字とか。

女子高生かと見間違えた。
すげーよ、すげーよマジで、感動した。


え、別にキモいなんて思ってないにょ?


しかし、始まってしまったものはどうしようもないけど、どうやって終わりになるんでしょうか。
気になる。

互いに都合のイイ関係は、どちらかが切り出さないと終われないよ。
目覚ましテレビも始まる時間帯に薄っすら目が覚め、何故だかソノ気になり、眠さと寒さに記憶も曖昧なまま終え、「終わらなかった仕事しないと」とかってベッドを出て行かれました。
ちょっと、オイ。

実際は仕事なんかではなく、来年の抱負を考えて来い!てなヤツだったのですが、どうにも彼はその手のコトが苦手らしく、「仕事内容は好きだけど、こういう付き合いがキライ!」って理系丸出し発言をするので、ダルさ倍増の状態で、「自己管理とかは駄目ー?アクションを起こす際のー、そもそも社会人としてのー、基本でー」とかってブツブツ唱えていたら、三項目くらい出来たらしく、えらく感謝されました。えへへ。

むぐむぐしてたら出社するとか言い出すので、ガクガクしながら送り出す。
そして寝る。

起きてネット。

もう1度寝る。

そして、学校に遅刻しそうになったので駅まで猛ダッシュ。
5分は走った。

電車に飛び乗り、異常なノドの乾きと戦う。

そして、乗り換えるべく駅に降り立つ。





…………はずだったのですが、夜明けの筋肉酷使運動と、駅までのダッシュで足の筋肉が真面目にヤられ、うまく立てずに電車の中で転んだ。


電車の中で転んだの、生まれて初めて。


そして、ちょっぴり這いながらホームに降り立ったのも、初めて。



電車の中の床ってさ、地面より汚い感じがするよね。
うん、実際汚かったよ。

筋肉痛、滅びろ。憤怒。マジ憤怒。
髪の毛をドライヤーで乾かす重労働を終え、歯磨きをするべく歯磨き粉を取り出す時に、肩にかかったタオルを落っことした。

それを拾うべく中腰になったとき、




『はあ…、も、珍子踏みたい…』




って、口を突いて出た。

家族に聞かれなかったかと、すげーキョロキョロした。
下ネタ厳禁のイケてない家庭故。

だって、踏みたくない?
誰か踏ませてよって思うんだけど、駄目なのかな、30円くらいで。


ちなみに、1回も踏んだことないけどね。
『芽衣子さん肌荒れた?女はセックスしないと駄目だよ、マジで…』


って、毎晩キャワイイおにゃにょことっかえひっかえでウヒャヒャ!な金持ちボンボンに言われました。

いや、以前に比べればヤってる方ですけど、晴れて恋人も出来ましたけど、って思いましたが、「干からびてんだな、下半身」って言っておきました。
散々日照ってると言っておきながら、今更出来ましたとは言えません。


許せ、ボンボン。

お前も知っている男が彼氏な故。
説明めんどくさいから。


そうそう、女性ホルモンがどうこうで綺麗になると言われても。


「女性ホルモンをモロクソ分泌させるくらいのテクニックの持ち主じゃないから、駄目かもしれないYO!」ってヒドイことを思ってしまった。
他意はナイんだ。
責めているつもりはないんだ。

今は精神的な面からの分泌作用の話はしていないんだ。
肉体面からね、肉体、肉体。


……。




別に下手だっていいじゃない、泣くなよ☆(鬼)
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。