FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
何だかもう、課題だの恋(ぷ)だのなんだのでイライライライラ!!

そういうときは、エロゲーです。(言い切った!)

でも、お金がないので体験版を適当にダウンロード。
適当にリンクを辿って、『揺れるバスガイド』に決定。(ビバ巨乳☆)
あえてメーカーにリンクしない心意気。


【適当に読み流したあたしが思う、あらすじ】


潰れる寸前のバス観光会社が、銀行からの融資を受ける条件。
それが、「女子の肉体を使ってグヘヘな奉仕」付きのガイド。

そんなバスガイドを育成するため、主人公が1ヶ月で頑張る。



そんな感じ。(なんか、ちょっと違うみたいだけどいいの!)

「そんなのどうやってバスガイドの女の子たちを説得するのかしら!?」
って思ってたら、普通に『仕方ないね』的に速攻了承。
あれ、秋子サン?

そして、『商品になる前に、女の子として抱いて!』と迫るヒロイン。
『ずっと好きだったの!』と迫るヒロイン。
『あの子ともしたでしょ、あたしも!』と迫るヒロイン。
2、3日そこらで4人全員とまぐわる主人公。
人妻以外、やっぱり処女。

そんなアレな関係を持ってしまい、ちょっぴり悩む主人公。

『これでよかったのだろうか…いや、でも会社を立て直すことに専念しよう!』


い や 、 も う ち ょ っ と 考 え ろ 


ナイス、エロゲー。

しかしアレだね、処女なのにちっとも痛がらない。
それでも、処女は重要なスペック。

さすが、エロゲー。


あと、どうしようもなく乳が揺れる。
ワンタッチで、ビックリするくらい不自然に揺れる。

ちょっと、笑える。

でも、これが売り。
これがハマるなら、だいじょぶ、これで全てをカバーできる。

エロバスガイドを育成すべく、主人公が研修を行うわけですが、その研修は主人公が客の立場となって進んでゆくわけなのです。(たぶん)
社会的地位の高い、エロいオヤジをイメージしてんのかなんなのか、それ特有のセリフ回しをするもんだから、なんかアレだ。(曖昧)


あと、主人公が必要以上に男前。

そして、息遣いのSEが最高キモい。



エロゲー丸出しのエロゲーでした。
乳ゆれと母乳が、まさに。

暇でどうしようもない時に、是非。(いや、是非まではいかない!)
comment
post comment
URL:
Comment:
 
trackback
trackback url
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。