FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
そういえば、
あたしは17歳付近まで『喘ぎは全て演技だ』と思い込んでた。

急速にコトを終わらせるようなヤリ方が多数だった時期じゃ、仕方ない。
高校生なんて、まだまだ未発達な時期じゃね?


世間はそうでなくても、あたしは開花が遅かった部類に違いない。


純情なつぼみだったから☆


「てゆっか、声なんてちっとも出さなくてもコトは終わるんだよ。」
「みそっかすのようなボランティア精神で声出したってんねん。」
「あたしを褒め称えやがれ、この、ふんばれ。」


『あ、やだなあ、好きよ、好き好き、そこはだいじょぶよ、ねー♪』

って、感じだった。

この『してやってる感』の辺り、若いね、あたし、若かった。


ほんでも、演技してるとそれなりにそんな感じになってくるから、まあいっかって感じだったわけですよ、おほほ。(こうやって最後は濁す!)


やっぱり、エロはねっとりガッツリ粘ってねちっこくですよ。
最近、本気でそう思う。
その思考の切り替わりがどこで起きたのかはわからんけど、そう思う。

昔は、とっとと終われって思ってた。

身体硬いから、ツラいんだよ、色々と。
なもんで、後ろからは大嫌いだ。
腰と腕と色々痛いし疲れるしってか、それ以前にその姿勢がムカつく。

「てめ、死ぬか、あ?」とか思ってた。

この攻撃的な辺り、若いね、あたし、若かった。

今なら、
「は…恥ずかしいから、やだよお…」くらいなら、さらりと言える。


…。

いや、言えね。
ちっとも言えね、股開いといてそれはナイだろって思っちまう。

それは恥じらいなのか? 
それを恥じらいと呼んでいいのか?

騙していることにならないのだろうか?



でも、それが求められ、求めることが許されてるこの業界ならば、頑張って言うから、とりあえずそっちの女と別れろ、な。

(また、このオチ)
(勢いで、『マニアック』のテーマに入れてみた!)
(もっとマシなスレッドテーマはないのか?)
comment
post comment
URL:
Comment:
 
trackback
trackback url
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。