FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
まず最初に理解して頂きたいことは、竹下サン(27)は、藤木(21)がバイトに入ってきた2年前当時から、目をつけていたこと。
(この事実は竹下さんの友人が証人であり、どうしてその友人の証言があたしの耳に入ってきたのかということは、大したタネ明かしはありませんが、そのうち)

だから、ものすごい熱が上がっているわけです。
念願かなって、ですから。


そして、旦那のことは大嫌い、なんですってちょっと何ウケる。


「この人でいっか!って結婚したら、やっぱ駄目だった!」ですって。
不覚にも「いやーん!」てゆった。

同居してる自分の両親とも仲も悪いし、旦那との夜の営み(古い)は、酒の勢いがないと出来ないそう。

そして、旦那は週に2回は仲間内で飲み会があるため、18時以降は暇だということ。

そして、若い頃はモテて、酒の勢いから何から「とりあえず、?」が多い人なんだそうな。
思い通りに行かなかった恋愛は1度きりで、それも今回の藤木の登場でふっきれたそう。


よかったね、藤木、役に立って☆




藤木『そんで、結局ヤったんだけどね』

芽衣子「うん」



『メールすんじゃん。でも、旦那サン帰ってくるから18時までしかメール出来ないのね。そしたら、「その日1日は、もう誰とも連絡取らないで!」って言われんの』

「……今日という1日は、あたしで終わらせて?

『そう!それ!』


(2人で悶絶)


『保井(彼女)がさ、「この間竹下さんにシカトされた」ってゆってたんだよね?…。実際さ、そう、竹下さんが何かで怒ったらしくって、「保井さんと別れて!」って言われたんだよ!』

「いひゃやややあー!」

『自分子供いんじゃんて感じじゃん、何か、ノゾは、ああ、ノゾミだからノゾって呼べって言われてんだけど!

「の、のぞー!!」



藤木は、彼女ありきで竹下サンが好きなわけで、でも、竹下サンは旦那抜きで藤木にベタ惚れなわけです。

あたしたち(敢えて)が考えていた不倫というものは、
それこそ都合のイイ関係で、それなりの感情を抱いているものの、性欲とかスリルとか、日常生活ではイマイチ得にくくなった部分を貪りあう関係だと思っていました。


しかし、

『保井と別れろっていうけど、じゃあ俺が旦那さんと別れてって言ったら、別れんの?って聞いたら、「別れる!絶対!」って元気よく言われたから、おおお、おおお俺まだ学生だし、就職出来るかわかんないし…って情けなく言っちゃったよ…』

という一連の会話からわかるように、そうもいかなかったみたいです。


保井がいない状態で竹下サンを好きになれたか?という問いにNOとバッチリ答えているし、例え保井と別れても、結婚とか、そういうのはナイらしいですよ。



というか、こういう結婚なんて単語を使って竹下サンの話をする辺り、藤木はとてもイイ奴なんじゃないかと思えてくるのが不思議。
あたし、単純か。

だって、もっと「昼ドラ演じてるオバチャン」風に扱っているのかと思うじゃん。(ヒドい)


うん、ヒドいのはいつだって女だよね。ごめんね。(適当)



「そんで、これからどうやってやっていくことになったの?」

『ああ、いや、別れたっぽい


「なんで!?」



《続く》
comment
獅子丸が、仲間とか別れる
若い頃は駄目など出来ないのね
勢いや、最初などをオバチャンしなかった?


2005-12-06[Tue] 13:26:40 | URL | BlogPetの獅子丸
早く続きを!
2005-12-07[Wed] 02:32:11 | URL |
おう、イエスイエス!

え、誰!?
2005-12-07[Wed] 15:31:18 | URL | 芽衣子
思った通りウザいやつだね。

(・∀・)スンスンスーン♪
2006-01-01[Sun] 03:22:40 | URL | きむお
「今時の若者」と聞いて思い出す女子高生みたいな人だと思った。

女子って自己中だよねー。男子は信用ならないしで、どっちもどっちだよねー。
2006-01-01[Sun] 05:11:49 | URL | 芽衣子
post comment
URL:
Comment:
 
trackback
trackback url
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。