FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
何だか、今回の相手とは、いや、今回の相手との関係は今までと違う。

何がと問われても、よくわかりませんが。
あたしのテンションが確実に違う。

それは、今までよりスキスキスーなんじゃないの?って言われればそうなのかもしれないし、それとは違う要素が絡んでいるからなのかもしれないし、


と考えたところ、『ああ、あたしも年取ったのか』と、思った。


そうなんだよ、年なの。
ティーンじゃないからね、もう。

必要以上に冷たくすることもないし、
必要以上に張り切ることもないし、
必要以上に怒ることもないし、
必要以上に笑うこともないし、

なんというか、「程度」を考え出したのね、きっと。

ティーン時代は考えてなかったのかって言われると、今より考えていたよ。
その「程度」が、うまく作用し始めたって感じ。


なんつか、『嘘つき!』って言われたら『ああ、うん』て言いますが、あたしはあんまりエロ行為が好きではないわけで。
その「好きではない」って部分を前面に押し出してきたティーン時代だった気がするのね。

「好きではない」から、断る。

「好きではない」けど、応じる。

みたいな。


なんか意味わかんないけど。
要は頭に、「好きじゃないけどなあ…」って呟きがなくなったのね。

決して慣れて、好きになったわけではなく、




もう、どうでもいい。




…別に成長したわけではないらしい。

諦めちゃったらしい。
まあいっか。

エロ行為はさ、受身だからキライなんだよね。

じゃあ攻めまくればいいじゃん、て言われるけどね。
そこまでしてやる義理はねーんだよ。

頑張りたくないんだよ。

てゆっか、突っ込まれてる時点で受身雰囲気だからキライなんだよ。

わかって、この乙女ゴコロ。
不倫をね、してるんだってさ、藤木クンが。

てゆっか、藤木に彼女いるけどソコには触れないで。
二股議論じゃない。


そんでね、その不倫をしている奥様が。
(てゆっても、同じ職場のパートさんなんだけどね!20代後半ね!)


『スリル満点』

『欲求不満かも』

『子供は大切だし』




とかってワードを、割と使うんだって。



萎える。
最高萎える。

聞いてて萎えた。

珍子萎えた。


その気持ちはわかるけど、それを言葉にすることによって、どんだけ萎えると思ってんのかと。
わからんのかと。

『不倫楽しんじゃってますオーラ全快☆』って、思ったよりキツい。

そんなこと言わなくていいじゃん。
言っちゃうことによって、例え本気で好きになったとしても安っぽい。

若い子にちょっかい出したようにしか思えなくなる。



「まだヤってないけど、絶対にヤるんだと思う…」って、何故だか藤木クン弱気。
そんな彼を見るのは初めてなので、それはそれで萌えた。

実際は弱気なんじゃなくて、ヤったら終わりってのと、ヤんなきゃ始まらないってのが交錯して「どうすっかな」って気持ちでいっぱいだったんだって。
なんだ、つまんね。


そんで、その奥様のメールが最高可愛い。

デコメとか。(あたしはボダホン族なので、よくわかりませんが!)
絵文字とか。
ちっちゃい文字とか。

女子高生かと見間違えた。
すげーよ、すげーよマジで、感動した。


え、別にキモいなんて思ってないにょ?


しかし、始まってしまったものはどうしようもないけど、どうやって終わりになるんでしょうか。
気になる。

互いに都合のイイ関係は、どちらかが切り出さないと終われないよ。
うん、擬人化。

人でないモノを、人のように描くアノ行為。


それをね、ちょっと前にやってたんだ。
なんだっけ、アンガールズが司会みたいな、そういう番組で。


擬人化というか、主にBLについて。
ボーイズラブについて。

…美しく言ってる分だけ、腹立つ。(え)

あたしが中学生の頃は、そんな言葉なかったのに!
やまなし・オチなし・意味なしでお馴染みの言葉しかなかったのに!!


まあ、男×男の話は置いておいて、擬人化だよ、擬人化。


その説明を、アンパンマンを用いて行っていたのね。

バイキンマンが、ちょっぴりひねくれてて、素直になれなくて、ちびっこで、生意気で、でもアンパンマンの太陽のようなトコに、 惹 か れ て る ☆みたいな設定で、アンパンマンはアンパンマンで、ほがらかで、柔らかで、ふわふわ髪の毛で、でもバイキンマンの危なっかしいトコが、 放 っ て お け な い ☆みたいな設定で、



…え、あたしキモい?

キモくないよ、絵を見ただけで想像出来て当たり前だよ。当たり前。
すげー開き直ってるけど、当たり前なんだよ、ソコ。


そう、当たり前だと思ってたら、当たり前じゃなかった。


アンガールズが、「えー!?これバイキンマン!?なんで、なんでこんななの!?ジャジャジャジャッジャ、ジャムおじさんすげーダンディじゃん!!」とか大げさに言ってたもんだから、

『あれ、擬人化浸透してない…?』って気付いた。

危ない危ない。
てっきりもうカタギだと思ってたのに、全然違った。


うわ、ググったら凄まじく出てきた。


ア、アンパンマン擬人化リングがある…そんな、知らなかった。
やなせたかしサンも腰抜かすっての。



んああ、実際、擬人化にもアニメにも漫画にも詳しくないのですけどね。
実は、そうなんですよ。

ゲームしかわかりません。


ス ク エ ニ 信 者 です。(修正!)



というより、エロ東鳩2予約しちゃったバカーーーー!!!(頬も染める)

せっせせせ設定原画集欲しかったんだなーーー!!!!
はわはわはわ、楽しみーーー!!!
目覚ましテレビも始まる時間帯に薄っすら目が覚め、何故だかソノ気になり、眠さと寒さに記憶も曖昧なまま終え、「終わらなかった仕事しないと」とかってベッドを出て行かれました。
ちょっと、オイ。

実際は仕事なんかではなく、来年の抱負を考えて来い!てなヤツだったのですが、どうにも彼はその手のコトが苦手らしく、「仕事内容は好きだけど、こういう付き合いがキライ!」って理系丸出し発言をするので、ダルさ倍増の状態で、「自己管理とかは駄目ー?アクションを起こす際のー、そもそも社会人としてのー、基本でー」とかってブツブツ唱えていたら、三項目くらい出来たらしく、えらく感謝されました。えへへ。

むぐむぐしてたら出社するとか言い出すので、ガクガクしながら送り出す。
そして寝る。

起きてネット。

もう1度寝る。

そして、学校に遅刻しそうになったので駅まで猛ダッシュ。
5分は走った。

電車に飛び乗り、異常なノドの乾きと戦う。

そして、乗り換えるべく駅に降り立つ。





…………はずだったのですが、夜明けの筋肉酷使運動と、駅までのダッシュで足の筋肉が真面目にヤられ、うまく立てずに電車の中で転んだ。


電車の中で転んだの、生まれて初めて。


そして、ちょっぴり這いながらホームに降り立ったのも、初めて。



電車の中の床ってさ、地面より汚い感じがするよね。
うん、実際汚かったよ。

筋肉痛、滅びろ。憤怒。マジ憤怒。
髪の毛をドライヤーで乾かす重労働を終え、歯磨きをするべく歯磨き粉を取り出す時に、肩にかかったタオルを落っことした。

それを拾うべく中腰になったとき、




『はあ…、も、珍子踏みたい…』




って、口を突いて出た。

家族に聞かれなかったかと、すげーキョロキョロした。
下ネタ厳禁のイケてない家庭故。

だって、踏みたくない?
誰か踏ませてよって思うんだけど、駄目なのかな、30円くらいで。


ちなみに、1回も踏んだことないけどね。
『芽衣子さん肌荒れた?女はセックスしないと駄目だよ、マジで…』


って、毎晩キャワイイおにゃにょことっかえひっかえでウヒャヒャ!な金持ちボンボンに言われました。

いや、以前に比べればヤってる方ですけど、晴れて恋人も出来ましたけど、って思いましたが、「干からびてんだな、下半身」って言っておきました。
散々日照ってると言っておきながら、今更出来ましたとは言えません。


許せ、ボンボン。

お前も知っている男が彼氏な故。
説明めんどくさいから。


そうそう、女性ホルモンがどうこうで綺麗になると言われても。


「女性ホルモンをモロクソ分泌させるくらいのテクニックの持ち主じゃないから、駄目かもしれないYO!」ってヒドイことを思ってしまった。
他意はナイんだ。
責めているつもりはないんだ。

今は精神的な面からの分泌作用の話はしていないんだ。
肉体面からね、肉体、肉体。


……。




別に下手だっていいじゃない、泣くなよ☆(鬼)
20051114145104
高校の時にほんのり好きだった人は、サラダうどんが好きだった。

あたしはマヨツナおにぎりも食べれない時期にいて、うどんにツナやら何やらをぶっかけて食う神経が信じられなかった。

混ぜご飯とかも嫌い。
混ぜんじゃない。

スタンダードでいいのだ。

そんなあたしでしたが、最近食べれるようになりまして。

うまいよ、サラダうどん。

いやはや、恋人が出来ますと過去の想い人に想いを馳せるわ馳せるわで、節操がないわ。
余裕が出て来たってことで、個人的に良いことです。
でさ、シンスケがさ、何か言ってたんだよ。


好き?エッチ=愛、みたいな。


真剣に見てなかったから、理解が微妙ですが。
なんつか、15・16歳の頃の『好き』というのには、性に目覚める時期も相まって、『好き』に『ヤリたい』が多分に含まれており、その分の「好きの体積」が増えて、『もうコイツと結婚してもいいくらいに、この先コイツしかいないくらいに、超好き!』って錯覚に近い気持ちを持てるんだってさ。
若い頃は。

んで、年を取ると、『ヤリたい』が或る程度減ってきて、そこで初めて『好き』の中の『愛』が見え始めるんだってさ。

たぶん、そんな感じのこと言ってた。
たぶんね。
たぶんね。


だから、セックスの後の射精10分以内で「うは、好き!」って思えたら、それはホントに好きなんだと。愛なんだと。
性欲が0に限りなく近い時に、目の前であうあうしてる彼女のことをどう思うか、って。

松本は、「射精した瞬間、帰れ!って思いますね」とか言ってて、客が引いてた。
あたしも、たまに「あー!はよ終われ!どけ!」って思うから、苦笑い。


ヒドいヤツで、ごめんね。


さっさささ、最近は思わないよ!?(自己フォロー)





違うねん、あんまり気乗りしない時にヤリ出すから、あかんねん。
芽衣子、悪くない。
悪くないし。
むしろ、付き合ってあげてるあたしには感謝をするべきだ。ヤラなくても、あたしは平気なんだ。
勝手に1人で出せって言わないだけ、あたしは優しいんだ。

よし、そうなんだ。




一口に射精と申しましても、2人でエロっての放出と、彼女が手なり口なりで張り切った放出と、それぞれ違うんじゃないかな。
一緒なのかな。
出し切った後の気の持ちようは、一緒なのかな。


一緒なら、ちょっと腹立つ。


もう2度と頑張ってやらん。
てめぇがヘコヘコ腰触れやって思う。

思う。
思うよ。




うわー、何か腹立ってきた!!!!
『何で男は、し終わったら寝ちゃうわけぇ?』


『終わったあとも、イチャイチャしたいじゃん、こっちは!』
『さっきまではさあ、あんなにさあ……』

『そういうモンだって知ってるけどさー』


『女としては、そういうの不安なわけじゃん?』


『今度説教だよ!ほんとに!』





あたしの方が、いつでも寝るのが早いことに気がついた21歳の冬。

曖昧に、「そ、そうだよねー」って言っておきました。
真実を言ったら説教されそうだったから。

有無を言わせず、寝ます。
1分もあれば寝れます。


だって、疲れてるし。


お風呂に入りたいのはヤマヤマですが、頑張る気力がないから。
お風呂=体力消耗。

いいんだよ、ちょっとくらいバッチくたって。(最悪)


『もう寝ちゃうの?』って言われてきたあたしですが、今の山本も寝るタイプなので万々歳です。
今までの人が、いかにアレなのかがわかった気がします。
ああ、寝て起きれたら、お風呂に入ります。


バッチいのなんて、よくない。(白目)




2回目には3時間くらい時間を置かないと、もう出来ない。
年は取りたくない。
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。