FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
し過ぎた。

果てしなく太ももの筋肉痛。
内腿の筋肉痛。

ガクガク。

身体硬いの、ちょっとどうにかしないといけないなあって思う昨今。
どうも、芽衣子です。


次の日も山本がピョンピョン跳ねて目障りだから、「んえー、今日はエロいことしたくないかもー…」って冷たくしてたら、




『おおおっおオレのおちんちんがどうなってもいいの!?!?』




って言うから、どうなるのか非常に興味津々でそのまま帰ってきました。
可愛いコト言うからいけないのよ、山本サン。

来週には、破裂、しているんでしょうか。


ワクワクドキドキ☆

ワクワクテカテカ☆

wktk☆





そんなことより、25歳を過ぎると色々衰えるものなのでしょうか。
その辺、どうなんでしょうか。
彼は「25過ぎてからさ…」って言うことが多いけれど、気持ちの問題だよね、そんなの。

出会ったのが18歳・22歳だったから、なんかもう、互いの衰え具合が顕著に見えて切ない。
あたしは化粧という化けアイテムがあるものの、あちらは老けてゆく一方。


寝顔が、オッサン。(暴言☆)


あたしも20歳過ぎたもの!!

次は25歳を超えて、物憂げに上記の台詞を言うだけなんだわ…!!


ちなみに、20歳超えてから海面ナシでは札勘定出来なくなりました。
(海面:スポンジに水含んだヤツ)
(連呼する度に、海綿体しか思い浮かばない一品)


指から、油分が、なくなってゆくんですよ……。


やべー、寝ないと授業出れねー。
茜、キタ。


落ち着いてます。
落ち着いてますよ。

言わずと知れた、「君が望む永遠」に今更ハマりましたよ。



水月、エッロい。
やばいくらい、エッロい、エロいんじゃなくて、なんつか、エッロい。

エロじゃないな、淫靡なんだ。

奴隷エンド&犬エンドだけで、お腹いっぱい。
ここが最高潮。



ハッピーエンドなんて、いらねぇ。



てゆっか、何で制服プレイねーの?
現役ね、現役、何で現役女子高生エロがねーの?

マジ意味わかんね、ふざけんな。

制服マニアをなめてっと、ほんと痛い目見るから気をつけて。


とりあえず、マナマナをクリアしてないから、なんとも言えない!
マナマナ、期待してるよ!




陵辱の限りを尽くしたいよ!(芽衣子しっかり!)
ピンクの乳首になりたいんだけども、どうしたらいいのでしょうか!?


てゆっか、さっき人生で多分初めてピンクの乳首を見たのね。
たぶん。


すげー卑怯ね!

ちょうエロい!
エロいってか、赤面してしまう程に、エロい!(うん、エロい!)


別にあたし自身がエロい乳首になっても仕方ないけど、毎日眺めて見たいので、いっそ自分自身がピンク乳首になればいいのにって思った午前3時半。

でも、たぶん自分がピンクになったとしても、あんまり見ないと思う。

そんなことにも気付いた、午前3時半。



乳首つか、乳輪込みでね。
はー、いいなー、ずっこいなー、ピンクずっこいなー、いいなあーー。

生まれ変わったら、ピンクの乳首を持つ女の子になりたい。


叶いそうで、叶わない。

出そうで、出ない。
んも、完全に出会い系を利用している男性を完全にバカにしている発言をしてみましたが、だって、してみたいんだもん。


色んなキャラの女子を作って、なりきりたいの。


てゆっか、マジ女子高生時代に、出会い系を散々利用してネタにしていたことを思い出したけども。
あれは、自分の創作意欲のためにしたことですから。


違うの。

今度は、真剣に仕事として、なりきりたいの。


女子大生は女子大生でも、
別れて傷心な娘とか、(甘く優しい言葉をかけ、そこからイイ具合に持っていこうとしている男性をウフフ…とか思うの!)

引っ込み思案な娘とか、(エロいことはいけないことでもなんでもないんだよ…と諭しつつ、機を伺っている男性をウフフ…とか思うの!)

自暴自棄な娘とか、(自分の身体を大事にしないか!って説教しつつも、そこから心を開いてゆこうとする男性をウフフ…とか思うの!)


寂しい人妻とか!
旦那だけじゃ駄目な人妻とか!
そもそも旦那なんて眼中なくなって人妻とか!

強気に生きてるけど、実は弱い女なの…のOLとか!
お茶汲みばっかりやらされてるOLとか!
今まで男性とお付き合いしたことないOLとか!


メールでもテレクラでもチャットでもいい!!!

そういうのやりたいの!!!






でも、ビビりだから、どこを選べばいいかわかんないから、やらない。

しょんぼり。
誰かやったことないのかなあ…。

ちょっと本気なんだけどな…。


それとも、やっぱり良心が咎めるのかな…。
なんかちょっと、シルエットがおっきいよね。
ふま、180cmはないんだー、へぇ、176ぅ?
あんまりおっきくないんだね。
いや、デカい部類だけどさ。
もっとねー、数字よりデカく見えるんだよー。

なんだろ…、…あ。


鳩胸なんだね、意外と。



ってゆったら、泣いた。
え、鳩胸禁句だったの、え、えあ、ごめんね。



いいよね、鳩胸。
あたしは結構好きなんですけど、割と不人気ですよね。残念。

あとね、彼は肩幅も広いんですよ、うふふ。

メロメロですよ、メロメロ。


てゆっか、あたしが肩幅あるし、足もデカいし、態度もデカいし、ついでに顔もデカいし、頭もデカいし、ケツもデカいし、胸もデカいし、なんかもう、ただ突っ立ってるだけで165cmに見えちゃう感じなのね。
(間違えを探せ!)

7cm増し。

だから、華奢な男子とは歩きたくないんです。
華奢ブーム、去れ。


あんな細い身体して、どこに内臓が収まっているのか。

人体の不思議。
不平等。

だからね、恋人は「人間!」って感じがして、いいの。(華奢全否定)



そんな恋人には、今週は会いません。
デッカい兄ちゃんが、『いやだー!遊びたいー!』ってワンワンする様を、キモい感じにクスクスするのが好きなんです。

優位に居たいんです。常に。

あたしを崇めろ。
それはそれは、うっかりの出来事でした。



うっかり、


『オトナのおもちゃ? うぅん…あるよ?


って言っちゃったもんだから、エラいことになった。



反省してる。
何だか、つい、口が滑った。


エラいことって言っても、『うわーん!じゃあオレもー!!』って大騒ぎしただけなんだけど、訳の分からぬ失態の仕方に自分自身も焦ってしまいまして、「へあ!?いやいや、ない!ないない!!え、あああ、あるっちゃある?ちっちちちが、う、ううあ、あー、なんてゆっか、ちっちゃいの?ちょちょ、何かもうそういうんじゃなくてー!!」って、あわあわ。
そして、より一層の乱闘。



ボーッとしてたから。

あんまりにも無防備だったから。


ついつい、うっかり。



うっかりじゃねーよ、ほんとにどうすんだよ、真面目に持ち出してきたら。
あんな無機質なモン、冗談じゃねーよ。
死ね。(トラウマ)


なんなら、やっぱり変態は滅びればいいのだ。
男なんて、いなくなってしまえばいいのだ。(体育座り)



えーと。



あたしは幸せに愛されたいんですよね。(何このまとめ)(可哀想)
誰だよ、エロに快楽なんてくっ付けちゃったヤツはさ。


大体さ、もっと楽に快楽が貪れればいいと思うんだよ。
エロいこととか、面倒臭い。


正直、ヤるの、面倒くさい。


だってさー、快楽なんてものがあるから、あんなに頻度が高かったりするわけじゃない?
そんなことない?
てゆっか、そうでしょ?


別に、私共めは、頻度高くないけどさ。

月に2週間は生理を引っ張るタイプで御座いますから、ほんとにもう。


100%『愛を確かめあう(ぷ)行為』オンリーで、
エロってるわけじゃないでしょ。

そこには、結構な快楽が潜んでるからじゃないですか。
じゃないですか。
じゃないですか。


じゃなかったら、あんなに疲れることよりも、チューの1つで済ますでしょ。


でしょ。
そうだと言って。



『疲れるだの面倒だのって、なんなの!』ってよく言われるけどね、
(言われるんだよ!)

疲れるんだっての。

足閉じる気も失せるわ。
なんかもう、笑えるくらいガクガクしてる。
そんだば、足閉じて挑もうではないか!と頑張るも、身体硬くて無理。

5分くらいで終われば、ガクガクしないのに。
身体硬い自分が、可哀想。


疲れるのはさ、その後寝こければ問題ないけどさー。

面倒なのはねー、どうしようもなーい。



足毛剃るのも面倒くせー。

あーやだやだー、もうなんかやだー。



ほら、デブ真っ盛りじゃんか。
だからね、足の指切るのにも、腹の肉が邪魔なんだよ。デブじゃなくとも、身体硬いから苦痛だったのにさ。

こんな腹して、足毛が剃れっかー!! このやろー!!!

え!?あたし悪くないよ、何にも悪くないし!!
悪いとすれば、毛が生える人体が悪いんじゃないの!?
あんなとこに爪があるからいけないんじゃないの!?!?!?
あたしは、ギリギリで腕毛と指毛はなんとかしてるよ!?!?!?


はあ?その他の毛えええぇぇぇえ??


うっせー、今は秋冬バージョンだっっつーの!!!くたばれ!!!!




どうしたって、人体のしくみが悪いんだろーがよーーーー!!!!




はー、すっきりした。

よっしゃ、チョコパン食って寝よ。
明日は恋人とデートですわよ、おほほ。


バッチリ完璧つるつる☆(ちゃっかり)
『気持ちよすぎて、死ぬかと思った…』


女冥利に尽きるなあ…と、しみじみニヤニヤして我ながら気持ち悪かった。
うん、気持ち悪かった。

暗がりだからバレてないとは思いますけど、気持ち悪かった。


最初の方なんだから手抜きをすればよかった!とも思った。
徐々にうまくなってゆく感じにすればよかった!とも思った。


だ?け?ど?さあ?。


駄目なんだよね、しょっぱなから全力投球しちゃうんだわ。
コ、レ、で、も、か!?とか思ってしまうんだもの。
ここんとこはS所以なのかなんなのか知らないけれども、そうなんだわ。


だから、いつもヘトヘト。

だから、疲れる。

だから、消極的。



それでも、『なにそれ!?今のどうやったの!?』とかって息も絶え絶え言われると、死ぬ気で超頑張ってしまうわけです。

どう、って。

自分で試せるもんなら教えてもいいけれども。



でも、なんか、もっと楽な貪り貪られの方法はないのかしらって思います。
(疲れるのはイヤ!)
あの時、あの人のことをもうちょっと好きでいてあげればよかったなあ、と思うこともある。

あの時、今のあたしなら、もうちょっと好きでいてあげられたのに、と思うこともある。



でも、それらは未練云々ではなく、あの時の自分の株を上げたいだけ。



「昔の人のあたし」を、もっとイイモノに出来たのにっていう自己中心的で、きっと誰もが抱くだろう、と、己で思う、後悔。

その分、相手への仕打ちは覚えていないのは、当然。
まあまあ、散々痛い痛いと申しましても、それは入口でのことでありまして、内部はそれなりにアレなので大して気にすることはないのですよ。



と、ハタチを越えて、相手に説明するとは思わなんだーーーー。



『痛いなら、もうしない!我慢する!また今度!無理はさせない!』とか言われたら、おばちゃん頑張っちゃうんだからー!!(単純)


まあ、そんなことは置いておいてさ。


あたし、わかったんだよ。

何でこんなに痛いのか。


今までだって切れてはイテーイテー言ってたけど、非じゃないんだよ。

「痛い」とか言う余裕がない。
「ぐ、が…ぁ」って感じ。

どのくらい痛いかってのは、もう今や伝えきる自信がない。
思い出すだけで痛い。


でも、原因わかっちゃったんだよね、何で前例にない痛さなのか。




あの人、


ブツを輪切りにしたら、楕円形なんじゃないかって思う。




いやいやいや、超マジ発言だよコレ!
気付いた時、頭の中で光がパアッ…ってしたからね!!

結構イイ線いってる気がすんだよね、ふんふん!! 大興奮!!!


だから、恥部と恥部が触れ合えばグランドクロスなんだよ!(ヒュンケル)


横に押し広げられてるなんて…なんて、拷問。




『お前は1日中何を考えているんだ』って言われましても、本当に痛いんだからどうしようもない。
7分勃ち位で挿入を試みては如何か。
1995年9月30日に発売されたんだよ、覚えてる。

10周年。

あたしは今でも愛しちゃってるんだなあ。
あの頃から、あたしが11歳の頃から始まった引きこもり生活。


聖3のせいだ。(え?)


あたし、ゲームしなかったら何して生きてきたんだろ。
ゲーム大好き。

コレがなかったら、きっとエロゲーまで発展しなかっただろうに。


くちおしや。(意味はよくわからず使用)


中古は元より、新品でも買ったもんなあ、4本くらい持ってる。
電池の問題もありますからね、スーファミソフト。





新しいシリーズなんかどうでもいいから、PS2で出してくれよ。
FF7ばっかり、ずっこい。

長髪美形耽美冷淡系ホークアイが好きなんだよ。(腐女子心)
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。