FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
たぶん、本妻アメブロの方でも言ってたんだけどね。
(うん、リンク貼るのは面倒だったんだ、記事探さないといけないし!)


オアズケ食らわす女子って、嫌いなんだな☆


あー、あたしは基本的に女子っぽい女子は好きじゃないんだけどね。
そんなことわかってるよ、あはは。

そして、芽衣子サン2年半もご無沙汰だったくせに何を言っているの?っていうのは一切受け付けない。
反論は受け付けないよ。
キミこそ何を言っているのかがよくわからないよ。(自分最高!)


ほら、あれ。
「3ヶ月はヤらせない」とかってヤツね、アレってどうなのって思う。


あたしも理解出来る。
言わんとすることもわかる。
じゃないと、「軽い」感じがするっていうか、有り難味をわからせないと駄目っていうか、すぐ飽きられちゃうっていうか。


でもさぁん、ヤって飽きられるなら、ヤらなくたって飽きられるじゃんね。


それは言い過ぎだとしても、さっさとヤっちまえばいいのにって思う。

『男は本能として冷めやすい』とかって言う人もいるけど、本能を理由にすればいいってもんじゃないよ。
お前は本能のみで付き合ってるのかって感じじゃん。
くたばれ。(何か実生活であったらしいよ!)

それとも、女の女の部分しか取り得がないんでしょうか。
ああ、そうなのかも。
何にも突出したトコ、見つからないもんね、あはは。(何か実生活略)



『3ヶ月はヤらせません宣言』をしてる人は、きっと知り合ってから付き合うまでの期間が短い人なんじゃないか、とも思いますけどね。
(もしくは、親しくなってから、とか)

その3ヶ月は、知り合うための期間、ということで。



でもさー!!(ここがA型っぽい、「でもさー反論」!)



まるで当たり前のように、「3ヶ月はイヤ!身体目当てなんてイヤ!」って言う女子は、ほんっと死んでしまえばいいんだ。
調子こいてんじゃねーぞ、この。
何で、「好きだからこそ、求めてくれるのね…うっとり☆」って思えないのかと思うよ。
男子が可哀相だ。


そんでもって、そういうことを言ってた女子に限って、セックスの有無で愛情をはかるのね!!!


ココ!
ココ、試験に出るよ!!あたし、これは絶対に近いと思うんだけどな!どうかな!!!!!

「最近してない=飽きられた?」

え、なに、その短絡的な。
(エロ好きな人が、エロで測るのちは訳が違う)


んあ、そういう女子に頷く男子も、近年増えているという噂です。


ね、山本さん?


あんた、よくそんなヤツと付き合ってたよね。(暴言)
そんで、その次はあたしなのかい、このやろう、腹立つわー。

だって嫌いなんだもん、そういう女子。
元彼女とかどうでもいい、女子として嫌い、もう、嫌い。



何があったかと申しますと、(え、言っちゃうの!?)


どこどこの誰々ちゃんが、フラれちゃったんだって。

そういう話に、わざわざあたしを巻き込むのが腹立たしい。
そこの時点で、イライラしちゃう。

『すぐヤっちゃったんだって、だから捨てられたんだよ、馬鹿だよねー!』

「あんまり関係なくない?だからって訳じゃなくて、そういう男の人だったんだよ…っていうのも、その子に悪いけどさ。」(適当)

『そうかなー、まあ結局男は性欲だからね、すぐヤるのは間違いだよ』

何かトラウマでもあんの?あたしは好きだったら結構な速さでヤるね!」(何、その男子を馬鹿にした感じ!)

『あーあ、そんで捨てられちゃうんでしょ?』

1回でポイするなんて勿体無い魅力を持ってんのよ、あたしは。アンタとは違って?」(氏ね、お前)



友達が、向こうの方でバカ笑いしてた。
あたしも吹いたよ、なんだい、この台詞は。

「叶ナントカ」さんかよって思った。



学校の女子(一部)は、くたばれー。(ストレス)
あたしって、全然駄目な女子だなって最近になってよく思う。



あ、まんこガチで切れた!!



文字もデカくなっちまうよ。
どんだけ強調したいんだよって話だけど、いいの、ひ弱さをアピールなの!

もー、信じられない。
思ったより一気に切れた、裂けた、ザックリ。


見えちゃいけない肉が見えてる。(やばい!)


あんまりにも痛くて、M字開脚ののち鏡で確認したっての!

塗り薬も塗ったもん、痛いんだもん、しくしく。
塗る時も痛かったもん、ズキズキピリピリなんだもん。


可愛く言ったものの、グロい。


あんなとこにあんなものが入るわけがないんだ。
そうなんだ。
実はみんな、あんなことはしていないんだ。
あんなことしてるフリ。
だから、痛くない。
痛いのは、芽衣子だけ。

うわーん。

傷物だー。

おしっこ染みるー、石鹸染みるー。


とりあえず、非常に頑張ったので自分を褒めてあげたい。


真面目に処女かと思った。
あたしが今までしてきたことは何だったんだろうと思った。
そんくらい痛い。

「お前ウザい」って言われてもおかしくないくらい言ってるけど、最高に痛い、うっかり山本を殺してやろうかと思った。(え?)

だから、上へと逃げ逃げしてたら、頭ガッチリ押さえられた。

『ひゃー!すげー萌えるー!』って思って、ぶひゅーって吹き出したら怪訝な顔されましたよ、あはは。


萌えるて。

胸キュンとかすればいいのに。


早く治れ、アンジェラ。(名前)
全然処女でも何でもありませんよ。
そうだったらいいなあ、とも思いませんけどね。

なんとなく、そういうタイトルにしたかっただけなんだよ。

そういう心境なんだよ。



ちょービビりなんだよ、あたしは!!



ああああああああ、絶対裂ける、絶対痛い、絶対絶対怖い!!
何がってアンタ、挿入が怖い!!!

この気持ちがわかるのか、と。

大学生活=まぐわってない期間。

もうね、愛とか恋とかどうでもいい。
痛いのはイヤなの。


朝から教習所行って、学校行って、その後、恋人のお家へ向かうようです。
ヘロヘロです。
残念ながらガッツリ生理も終わってしまいました。



正直、裂けるのは痛くないんだよ。
きっと痛いけど、いつ裂けるかなんてわかんないんだから。


痛いのは、裂けた傷口にあばれん棒が摩擦を繰り返すせいなの!!


うう、怖い、痛い、明らかに痛い。




「泣いたらごめんね」って言っておこう。(可愛いじゃん!)
ついでに、「割と何言ってんのかわかんなくなるよ」とも言っておこう。
呂律がちっとも回らないタイプ。


いぎゃー、エロ怖ぇなー。

よくみんなガツガツやるよなー、信じらんなーい。(己は棚上げ☆)
さえこ 『私なしじゃ、息すらも出来なければいいのに』

あすか 『…逞しくて、いいと思うんだけどなぁ』
世の中の男子は、皆乳首が弱く、皆ヘソに舌を突っ込むものだと思っていたアノ頃に戻りたい戻りたくない。
帰りたい。
帰りたくない。



孵りたい。


どうも、勘違い小娘芽衣子です。
前者は勘違いじゃない気もするけどね。

後者だって、今までパーフェクトにビンゴだったから、別に勘違いじゃない気もしなくもない。
両手で足りる程度の人数ですけど。


そうそう、やっぱ局部周辺が満遍なくデリケートだと、そういう機会にも中々恵まれませんよね。
まず、積極的じゃないですから。


そして、ほぼ見知らぬ人とは、しない!!(イイ子の見本のようだ!)


何故なら、ワンナイトラブのエロり方ってのがあるからであるのだ。

思いっきりガツガツ系じゃん。(憶測)
ちっとも気配ってくれないじゃん。
こっちは陰部がブッツリ切れちゃうかもしれないってのに、そんなの嫌!

性欲主体も主体、性欲だけのエロだもん!!

「そうでないエロは性欲だけではないのか!」と言われましても、巷では、まことしやかに『情』というものが存在するのではないかと囁かれているのであります、お代官様…)


一生に8回くらいは、ワンナイトラブをしたかったっていうのに、残念。




だから、ワンナイトラブって実際どうなの?ってことだよ。
ラブとか言ってるけど、微塵もラブがない辺りどうなの?ってことだよ。

ちくしょー、あたしの娘が丈夫であればー!!
朝9時半集合とかって、何様かと思う。
先生も、朝早いと大変でしょ。

だからね、夜の8時からガイダンス、とかでいいと思うんだ。



そんなことより、唯一の女子仲間がうるさいうるさいウザい。(うわ)

学校近くなったりすると連絡して来るのね。
明日何時にどこ集まんの?何時までかかんの?明日バイトなんだけど?

貴様の都合なんぞ知らんし。

全部知らんって言っておいた。


何かしら有益な情報をあたしに回すならいざ知らず、それらは全部自分で止めやがって。(自己中な怒り)

成績表取りに行ったよーって言いましたら、


『へー、知ってたんだ、成績表出される日ー』って言われちゃった。


知らなかったけどナイス友達が教えてくれたよ。
知るわけないじゃん、あたしが。(自信満々)
あの女、知らなかったあたしをケラケラ笑いたかったに違いないんだ。
そうはいくか、この野郎。
お前も教えとけよ、あたしに。
頑張って媚売っとけよ、コラ。って思った。


すげー女子大生みたいなイライラを、ここに。
どうも、芽衣子です。




でも、あんまりにあんまり、あたしが冷たい態度をとるから、『今度○○おごるよー、15日と16日と20日のどれか空いてる?』ってメール来た。
そんな下手に出てるメール、初めて受け取った。


だから、「奢られる必要がない」って送ってやった。


返ってこねーし。


でもなあ、ラボ入ったら別々の生活になるからなあ、今更キレて縁切っちゃっても、そのうち切れる縁なんだよなあ…。
あたしの友達も、「許してやれよ」とか言い始めるんだろうなあ…。
面倒だなあ…。

つか、あたしが頼んだ出席を取りに行かない時点で、駄目に決まってるじゃんかよ!アホか!!

そうやって根本的になめられちゃったからさ、イヤなのよね。
都合よく使うだけなら問題ナイのに、なめちゃ駄目だよ。
いくらあたしがイイ人だからって、駄目に決まってるでしょ。

都合のイイ人間=なめてかかってもいい、じゃないのよ。



憂鬱ー。
中途半端なお嬢様系自己中は、ナイーブだから面倒くさーい。
あたしが今貴方に逢えないのは、あたしの唇がかさついているから。

日頃の慢心。

だって、仕方ないじゃない。
この間、Yシャツにネクタイをしてこなかったからですよ。
確かに昔の男とやり直したこともなければ、ほとんど会う機会を持ったこともないけど、(同じ学校は極力避ける方針!)

『今のあたしで、あの時対応してれば』とか、
もっと直接的に『もしあのまま付き合ってたら』とは思うよ、考えるよ。


何にも生み出さない、1人遊びは、とてつもなく楽しい。


でも、どっちかっちゃ、付き合ったことのない、未知の男とのタラレバワールドの方が楽しいわよね。
未知の男だってさ、あらあら、うふふ☆



だから、抱かれながら、意気揚々と歌うの。


『好きな男の?腕の中でも?、違う男の?夢を見ぃるうぅ?♪』


さすがに、不機嫌になられたので、『だって、女は恋なんだもの…』ってさめざめしてやりました。
(背中向けて寝られた!)
『ヨリを戻す』ということを、残念ながら体験したことがない。


だって、全部あたしから振ってるんだもーん!!(ホジホジ☆)
見切りをつけた相手をどうして許せちゃうわけー!?

そんなことになるわけないじゃーん!!ベロベロバー☆★☆



とかってテンションはどうかと思ったので、やめます。
本気でそう思ってるわけじゃありません、本気は4割くらいです。


ただ単に、「好きなのに別れた」等の別れをしていないだけの気がする。
それはイイコトなのか、あたしが非情なのか、よくわからない。
未練なんて微塵もない。

どちらかと言えば、二度と会いたくない人の方が多い。

多い・少ないと分けられる程に、過去が積み重なっているかと言えばそうでもない。そうでもないんだよ。


ああ、あと、やっぱり、趣味が悪い。


趣味が悪いのか、惹かれる男は巧妙に変態を隠していたか、どっちか。
それか、世の中の男は皆変態か、どれか。



うーん、それらを抜きにしたって、やっぱりヨリを戻すなんて嫌だわ。

うぅん、「嫌だ」と今言ったけれど、何が嫌なのかしら。
見切りをつけるだけでなく、見切りをつけられるからかしら。


あ、これかも。


ついでに、「別れる」と言ったくせに都合よく「やっぱり」という根性が気に入らない。


そういうプライドはエッフェル塔より高いのかもしれない。
あたしは、誰よりあたしを愛してるから。

土壇場で、がむしゃらになれないのかもしれない。
土壇場で、冷め切るのかもしれない。
土壇場でも、あたしは誰よりあたしを愛しているから。


例えば、散々に好きで仕方がない現恋人とだって、別れ際はそういう心境になるのだろうか。


…な、なな、なるのかなあ、そうなのかなあ、そうっぽいな。

うん、別れた途端切り替わってしまいそう。
切り替わるといっても、「じゃ、次!」ではなくて、「もういいや」って諦めの方だけどね、きっと、さすがに。




そんなこんなで、ずっとチクチクしてるのは、こういうことなんだよね。

あたしは1回見切りをつけられたら、もう許せない。
その根性が腹立たしいし、それを許す自分も情けないと思ってる。


な の に ! !


連絡を寄越さず、放置していたにも関わらず、何故だか惜しくなって(と、敢えて自分で言ってみる)再びやって来た男と付き合ってるわけだよ、あたし。


そのチクチクは、どんなに好きでも、及ばない。

いつかなくなっちゃう気がするけどね。
直感。

自分への直感は、当たり前のように当たる。
精神内の力技で、何がなんでも直感へと捻じ曲げるから。

いつ、どうやって、どのタイミングでチクチクがなくなっちゃうのか。


興味津々。
「アメニティ」を「アニメティ」って書いてた。

頭の中では、確実にアメニティって言ってたのに。のに。のにのに。
悔しい。(しかし、直す気は毛頭ナイ!)
今 日 こ そ 決 め て や る 。


とか思ってたのに、残念。
決めるもなにも、下のクチから吐血してたもん。ぷぷぷのぷー。


『あああ、うう、うんとね、今はあんまり血出てないけど、たぶん入れちゃって突いてたらデロデロって出ちゃうから、ちょっと無理かも、いやいや、無理!ムリムリ!あたしそんな後始末したくない!!!てゆっか、お腹痛くなるからイヤなの!ううあああ、おっおおお落ち着いてーーーーーー!!!!!』


すげー格闘した。

そしたら、血がデロンデロン。


「だくちゃん(=ブツ)が芽衣子ちゃんと遊びたいって言ってるのにねー…」ってしょんぼりふてくされる姿を見て、一抹の不安を覚えました。
己の股間に話しかけるな。


新潟に行っていたわけなのですが、都心に行ったわけでもなく、この時期に何があるわけでもなく、純粋に花火大会に行っただけでした。
2泊3日で、花火大会へ。
その他の計画は0。

それでも、楽しかった気がします。

楽しかったのかな、花火は綺麗だったから綺麗だったんだと思うよ。
意味わからん。




あ、そういえば。

「じゃあさー、今から赤ちゃん語でしゃべって!」(唐突)
『は?』

「は?って…は?って何さ!もういい!トイレ行く!きーっ!!」


そんで、トイレから帰ってきたら、布団にぐるまって唸ってた。


「なに、どしたの?お腹冷えた?」

『違う……………でちゅ

「……っ」(フルフル)



『芽衣子ちゃんがいないから、さ、寂しかった、んー、でちゅ!!



きゃーーーーーーーっっ!!!思ったより可愛いーーーっっ!!」
(ゴートゥヘブン☆)


結構クセになるぜ、赤ちゃん語。
飽きるまでは延々やるぜ、赤ちゃんプレイ。(プレイ?)

んも、嫌がる姿が萌えた。最高萌えた。もっと言わせる。言わせてやる。

ヤケになってる姿も、愛らしい。
デレデレ。


てゆっか、起きぬけに人の胸まさぐって勝手に吸い付いてるんだから、赤ちゃんと大差ないと思うんだけど、やってることは。
だから、しゃべっても問題ナイと思うんだな。

もっとしゃべってくんないかなー☆
てっきり花火大会まで持ち越しかと思いきや、思いもがけず言われました。
不意打ち。


不意打ち過ぎて、ポカーン。



何故なら、その1分前くらいまで彼の息子にパンチを食らわせようと四苦八苦して、くんずほぐれつしてたからだ。


『駄目ー!だくちゃんにデコピンしたら駄目!』
「だいじょぶ!だくちゃん丈夫アルネ!」

『そんなことない!デリケート、デリケートなの!』

「だいじょぶ!今は武装してるでしょ!?

『いーーーーやーーーーだーーーーーー!!!!』


※だくちゃん…彼の珍子の名前。本当は、濁るの濁に次郎で、だくじろう。由来は、「ダクダクするから」と「白濁液を噴出するから」
彼自身は長男。

※あたしのは、アンジェラ。(外人気取り)



そんな感じで疲れきった後での、大告白。



場所とか日にちとか、考えればよかったって本人も反省しているようだ。
仕方がないから、許してあげたよ。


可愛いヤツなんだ、あたしの恋人は。(アホだけど)
久しぶりに飲み会に参加し、下ネタを飛ばして具合を悪くしました。


まあ、嘘っすよ。


そのメンバーでは下ネタを話したことがなく、ある種の初々しさが満点!
「どこでヤったことがあるか」っつ、ありきたりネタで大盛り上がり!!


やっぱり、車の中ってみんなあるんですね。
あたしはナイんですよ、車の中でなんて、そんな、破廉恥な場所で。

しかも、階段!?

ちょっとちょっと、なんていやらしい生活してるの?
やめてよね、あたしの前でそんな話するの、まったくもってふしだらだ!


『嘘だ!芽衣子さんだった階段でヤったことあるでしょ!?』
「ないよ、あたしは至ってノーマルだもん、ほぼ室内です!」

『ほぼ、って…じゃあ、どこ?』






「え……、テ、テトラポットの上?



やっぱ、弾力性のあるトコじゃないと、痛い。


そこは入り組んだトコで、対岸っていうモンじゃないけど、対岸もあってさ、ほんで、対岸を犬散歩してたじいさんに見られてたんだよね。

あたしは見られていることが、どうしようもなく腹立って仕方なくて。
でも、何故だか張り切ってた相手が急にキョドり始めて。


『まあ、落ち着けよ』 って相手を宥めながら見上げた空は、青かった。



セーラー服のタイの赤と、青空の青、海の穢れ。
パンダとわんころ、悩んだ。
パンダの方が大きいから、存在感あっていいと思ったんだけどなあ。

だけど、わんころだけ茶色かったから。(意味不明)

名前を決めようと意気込んだのに、手が勝手に打ったのが『獅子丸』

そ、そんなあ!
もっと愛らしい名前にしよう、ぜ…ん、いや、意外にいいじゃん。


好物は、ちくわ。


でも、背景って、作ったり借りたりしないといけないみたいなんだよ!
そんなに面倒だとは思わなかった!想定の範囲外!!

だから、背景はしばらく放置。

みんなでクリックして可愛がってやってくれ!突っつきまくってくれ!
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。