FC2ブログ
やだなあ、下ネタなんてちょっともないよ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------[--]| スポンサー広告| trackback[-] comment[-] edit
「最近、彼が求めてくれなくてねぇ…飽きられちゃったのかな」



ぺっ、知らんがな。

いやいや、何で愛を身体ではかっちゃうのかな、愛を、ラブを。
それも一つのバロメータですけども。
確かに、そういう男子もいらっしゃいますが。

貴方の彼のことは、ちっとも知らないので、なんとも言えないのです。

最終的に、
「浮気してんのかなあ…」になってくじゃん?ね?

それって、彼との付き合いは身体だけって言ってるようなもんじゃね?
あれ、言いすぎ?

例え本当に浮気されちゃっていたとしても、バレるような浮気をしてる男なんて許しちゃえばいいんじゃね?
可愛いもんだよ、そんなん。

自分しか見えない男なんて、イヤだっての。

あれ、卑屈すぎ?



あー、浮気相手でいられるなら、いたいんだけどなー。(出たよ!)


でもさ、部屋に上がりこむなら、髪の毛とか落とせないじゃん。
ついでに、着替えとか歯ブラシとか置いておけないじゃん。

でも、本物の彼女のものは置いてあるわけじゃん。

ダメダメ、割と耐えられない。
ムカつくから、対峙したくなっちゃうから。(ぎゃー!)


8月になってダメだったら、次を探しちゃいますよ。


その場合、痩せないと、ダメだけどね。(先は長い)
本家はアメブロにあるわけですが、そっからは誘導しにくい。
ので、ちょっぴりミクシィから誘導。

だいじょぶか、こんなん見られてだいじょぶか。

あたしの可憐でピュアで、イメージカラーは純白の像は崩れないか。



ちっとも大丈夫な気がしてならない。

いつアメブロから誘導しよっかな。
こっそりブックマーク貼っつけておこっと。

なんてゆっか、エロいことをエロいと思って考えてはいけないのだよ。
エロいと思ってるから、いけないのである。
だから、タブー視されちゃうのである。あるあるある。

エロ大好き!って公言する人は、好きではない。
なんかもう、ちっちゃいなって思うから。

お前何様だよ。

下ネタって前提を置く下ネタは、最高につまらない。
ご飯食べてる最中に、

「下向きに反り返ってるのって、尋常に見えないよね」
「あー、何か、刈れそうだよね」

とかって始まる話が面白いのであって。


…。

ん、そうでもないのか?
本日、精液について熱く妄想していたら、食券販売機に5000円を突っ込んだにも関わらず、お釣りを取り忘れて4000円もドブに捨てた芽衣子です、どうもこんばんわそしてサヨウナラ。(これといって特に精液に固執してるわけでも、詳しいわけでもありませんので、そこのところを留意しておいて欲しいわけです、純粋乙女の爽やかブログです、今度こそ、サヨナラ)
こまきまなか。

言いにくい。

いやいやいやいや、あのさ、なんなの?あれ?真のヒロイン??

設定がズルい。
もうさ、あれでしょ、主人公の性格設定からED曲まで愛佳仕様でしょ?
Kanonでいうところの、あゆでしょ?

ちょっと素で興奮してるのでなんとも言い難いけれど。
やばい、愛佳やばい。
智子を抜く勢…い、いや、そんな、だって、う、うぐぐ…!!




主人公の髪型が、若干違和感とかってのはどのゲームにも共通か。
眠くて仕方がなくて、お風呂に入った。

化粧を落として、ピーリングして、フラフラしながらシャワーに当たろうとしたら、水が出る穴が詰まったのか何だか知らないけれど、1本だけ変な方向に水が飛んでた。

わかるかな、これ。

ウチのシャワー変でね、たまになるの。
父ちゃんが、節水シャワーにしたからなのだ。

異様に元気よく水を噴射する、そのおかしな穴がさ。
その、1本だけ水がビャービャー飛び出してるヤツがさ。


乳首にブチ当たったわけ。


いいいいっでえええええぇの!!!

もう、わかんないだろうけど、死ぬかと思ったの!!!!

なんての?水圧?
頭悪いからうまく説明出来ないけど、すごい勢いで飛び出してきた水が、乳首のド真ん中に!
水鉄砲をイメージしてくれ。
あれだ、あれが、まさに、マイ乳首に。

しかも、穴は細くて、水がギュッと凝縮。

狭い面積にかけられた力は、痛い、みたいな。
指で押しても痛くないけど、同じ力でもシャーペンの芯だと痛い。

それそれそれそれそれ、それの、水版。

乳首が千切れるじゃないか。
千切れるのは、もうちょっと後でいい。まだ使い道はあるはず。
うっかり「ひぎいっ」って言いそうになった。

ちょっと泣いた。

風呂場で乳首をさする気持ちがわかんのか、コラ。
くそー、寒いと乳首が立つって方程式はなんとかなんないのか。


どうでもいいけど、シャワーを当ててモニョモニョってのはどうなの?

あたしは同じ箇所に長時間シャワーが当たってるだけでも、赤くなるのに。
腕はならないけど、太ももとか真っ赤になるのに。

勢いの問題?
勢いがゆるいシャワーで致すなら、手で致せと言いたい。

理由は、男気ならぬ女気の問題で。
あたし、メリハリのない脚に興奮する、らしいよ?


あれ、自分の脚のことか、これ。(虚しい)
あの、なんか、食べ終わって放置したところ、


コイツ、薄っすらと精液臭いんですが。


気のせい?気のせい?発酵してるから?(無茶苦茶)

正確に言いますと、精液の香りというより顔を埋めてる最中に漂ってくる香りといいますか、若干生臭いといいますか。

うわ…二度と食べれないかも。
好きな男子のでも、決して体液が好きなわけではありませんので。


んま、衛生的によくないと言われておりますが、あたしは飲めますけどね。(何)

シテ差し上げた後、あたしへの感謝のよしよしがないと、
次回に口移しで飲ませますけどね。


飲むのを嫌がる男を見ると、萌えます。燃えます。ふふ。
(本気で嫌がりそうな人には、しないけど)
(怖いから)
わかな 『もうイヤ!もう浮気ばっかりなんだもん!あんなのとなんか、もう別れてやるんだから!!』

かやの 『まあ…浮気は別れる要因に成り得るものなの…?』

あすか 『か、かやのサン…』
けいじ 『あの娘、足首細いなあ…足首が細いと締まりもいいんだよなあ、可愛い顔してスゴいんだろうなあ…』

さえこ 『そんなの信じてるから童貞なのよ』
つけたぞ!忍者!
忍者のアクセス解析とカウンター!! にんにん!!!

FCアクセス解析は実験してみたけど、よくわかんなかった。
あたしがアホちゃんだったかかしら。

あと、どうしてもキノコのカウンタをつけたかったんだ。



珍子、ピンク珍子。 (気をしっかり持て)




もう仕事がてんこ盛りよお、ヤってらんないわよおお。
って、しゃべりだす男って、過去に女で痛い目に遭ってる感じがするの。


「女って、結局こうじゃん?」みたいな。


嫌な経験したから、そうやって言ってしまう気もわかるけども。
女のあたしとしては、ちょっとヤな感じになっちゃう。

そんでもって、あたしは何となく「こうじゃない女を求めてんのよ、オレ」って聞こえるのさね。
天邪鬼チャンなのかプライドが高いのか。
見分けがつかない程の眼力のないあたしだけど、そう聞こえてしまう。

「女の子ってそう言うよね?、みんな」って言うのも同じ。
ちょっと理解を示してる感を出してるだけ。

馬鹿にされてる気もするけど、そういう認識しか与えて貰えない女にしか恵まれてこなかったんだなって思ってしまう。
同じタイプの女と付き合ってきたってことは、違う女と出会った時に自分のマニュアルで対処出来なくて、ブー垂れそうじゃない。ね。


逆も然り。

女が「所詮男はさ?」って言うのも、そう。


だから、意識して「男ってさ」って言うのを避けてるのです。
やっぱ不快になるじゃない、女同士で話しててもさ。

『こいつ、ロクなヤツと付き合ってこなかったな』って思わせる要因だし。
そんなところで、あたしの男遍歴を測って欲しくない。

かっちょ悪いじゃん、ね。


なんて、思ってみたり。
中学のときは、乳触られてもちっとも気持ちよくなかってんな。
高校のときも、いまいち気持ちよくなかってん。

それが、なに?


20歳も過ぎた今、キタよ、乳ブーム。


すんげー気持ちよかね!
おばちゃんびっくらこいちゃってるのよ、今!!

もじもじしてしまいますよ、もじもじもじ美。

男のいない、ここ2年の間に何があったのでしょうか。
てゆっか、ここ2年間に感度上昇かコノヤロ。

やっぱ、ある程度年を重ねないと身体も熟してゆかないと思うのね。

割と早い時期にセックス経験してしまうと、しばらくセックスのよさなんてわからず、エロ嫌いになってしまうと思うのですが。(てゆっか、それはあたしのことだ)
中学生が乳揉まれてアンアン喘ぐなんて、おかしな話だと思うんだけど。

痛いよ、発達中じゃないの?乳の?

あたしはとんでもなく痛くて、ホントにイヤだったよ。

アンアンしてしまうのは、演技か慣れてるかのどっちかじゃないの?
もしくは、自分で刺激を与えてる証拠じゃないの?




なんて、言ってみたりして。

あたしは個人処理をしない人種なので、とんでもなく痛かったということをここに表明しておきます。そうして、今も一切しないのでピュアさを前面に押し出しておきたいと思います。


ほんでも、今この年になって乳を揉まれる良さがわかったYO!


よかったよかった♪
芽衣子もオトナになったね♪

今のお気に入りは、左右対称に揉まれることです。イエイエイ☆
かーーーーっ。

だめだ、あたしは負けるのかもしれない。
勝ち負けじゃないけれど、負けてしまうのかもしれない。


なんとなく、『ああ、ヤリたかっただけなんかなあ』と、思わなくもない、けれど、あたしの重力に忠実な肉体目当てとは…?
有り得ない気もする、どうなんだろう。


でももういいんだ、ちゃんと好き好きオーラ出してきたし。

それでもハッキリしないなら、エロ友達でもなんでもよい。

そういう関係に留まれるところまで、あたしの気持ちを落とす。


悲劇のヒロインぶってみる経験もしてみたいもん。
『ほんとは誰より好きだけど、こういう関係じゃないと傍に置いてくれないんだもの…ほろり』とか、経験しておきたい。

それもいいね。
そしたらヤリまくるよ、マジで。

…。


でも、あいつテクニックないねんな。
致命的やわ、セフレなのにテクなし、意味なし。
copyright © 2005 ケラ・テ・アマリ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。